漆芸家 下出祐太郎:NPO法人伝統みらい
アドセンス

漆芸家 下出祐太郎

simode.jpg


出祐太郎


■プロフィール■

漆芸家・詩人
一九五五年京都市生まれ
同志社大学文学部文化学科
国分学専攻卒業
博士(学術)
「博士論文題名:漆の美の特性と伝統髹漆法の研究」
下出蒔絵司所三代目
京蒔絵師・伝統工芸士

■経歴■
即位礼や大嘗祭の神祇調度蒔絵、
第六十一・六十二回伊勢神宮式年遷宮御神宝蒔絵を手がける
京都迎賓館"水明の間"の飾り台「悠久のささやき」等を制作

第14回~第37回日展24回連続 入選(日展会友)
京都市芸術新人賞等受賞多数
京都美術工芸大学教授
京都工芸繊維大学伝統みらい 教育研究センター特任教授



匠からのメッセージ~

日本のオリジナル技術である蒔絵。
天然の樹液と金を粉末にすることによって融合させ、
美術的価値の高いものを生活に使えるようにした日本オリジナル。
教養の高いあなたに、大切に使っていただきたい。是非。

panfu2.jpg
(蒔絵パンフレットはダウンロードしてご自由にお使いください)

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0